忍者ブログ
AdminWriteComment
小説・アニメ・コミック・ゲーム等、様々な創作媒体についての感想やら何やら、あるいは、永遠に敗北者な日常と思考
No.
2018/11/16 (Fri) 22:57:53

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.387
2010/05/30 (Sun) 04:02:27

ANIME'S COMPILATION BEST<初回限定盤>ANIME'S COMPILATION BEST<初回限定盤>
KOTOKO

ジェネオン・ユニバーサル 2009-12-23
売り上げランキング : 6818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつもつないだ手を すり抜けて駆けだすから
心配性と言われても ハラハラのしどおしよ
でもね深い闇に あなたが迷い込んだら
約束する 私がすぐあなたのこと探し出すと

●KOTOKO嬢の『ANIME'S COMPILATION BEST』(初回限定盤)を聴取。タイトル通り、アニメタイアップベストアルバム。KOTOKO嬢のCDはすべて持っているのに、彼女の新アルバムというだけで購入を決めた。アニメで使われた楽曲を集めただけなので、当然、個々のアニメに繋がりはないし、曲の統一感もない。アレンジされた曲もなく、すべてシングルと同様のものである。DVDのライブ映像には知らない曲が入っていたので、それは素直に嬉しかった。とはいえ、こうして纏めてみると、アニメの楽曲がかなり増えていることが良く解る。I'veがメジャになっていくのもむべなるかな。
 『イプシロンの方舟』と同じく、「灼眼のシャナII」からは、「Sociometry」ではなく、「BLAZE」が収録されている。「BLAZE」は、特典DVDにライブ音源も収録されており、確かに格好良い曲なのだけど、僕が『BLAZE』で繰り返し聴いたのは、カップリングの「Sociometry」の方である。川田まみ嬢の『JOINT』も同じで、「JOINT」よりも「triangle」の方を何度も聴いている。「灼眼のシャナII」は、新旧どちらもエンディングの方が、僕には好みの曲だった。川田まみ嬢の場合は、2ndアルバムに両方収録してくれていたけれど。KOTOKO嬢も、せめて4thアルバムか、このアニメベストのどちからに、「Sociometry」を収録して欲しかった。唯一、残念だったのはそこだけか。
 本アルバムでのお気に入りは、今野緒雪withKOTOKOの「Chercher 〜シャルシェ〜」。原作者が作詞とはいえ、『マリア様がみてる』の雰囲気に嵌まり過ぎ(アニメは見たことがないけれど)。音楽通な人たちには、マーティ・フリードマン氏が作曲をされた「きれいな旋律」の方が高評価なのだが、僕はやはり「Chercher 〜シャルシェ〜」の方が気に入っている。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[394]  [393]  [391]  [390]  [389]  [387]  [386]  [384]  [383]  [382]  [380
キタヤマ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ミズサワ
性別:
男性
職業:
求職中
自己紹介:
初めまして。ミズサワです。あの「失われた」90年代に、10代の総てを消費しました。

ミジンコライフ継続中。

ミズサワの3分1は「さだまさし氏の曲」で、3分の1は「御嶽山百草丸」で、残りの3分の1は「××××」で構成されています。

小説・コミック・アニメ・ゲーム・等、媒体に拘わらず、あらゆる物語を好みます。付き合いが長いのは「新本格」作品。卒業論文も「新本格」。論理性よりも、意外性を重視。

「すべての小説が館ミステリになればいい」

ブログ日記のコンテンツ
数日遅れで更新しています

・日記のようなもの、あるいいエッセイ、もしくは思い込み。
・毎月末日 現時点での今年読んだミステリベスト
・偶数月同日日 現時点での視聴番組リスト

メールやコメント等の返信は、著しく遅くなることがあります。

リンクはご自由にどうぞ
(=´ー`)ノ ヨロシク

mixi 小説 
最新記事
(09/12)
(09/10)
(09/09)
(09/08)
(09/07)
(09/06)
(09/05)
(09/04)
(09/03)
(09/02)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/29)
(08/27)
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]