忍者ブログ
AdminWriteComment
小説・アニメ・コミック・ゲーム等、様々な創作媒体についての感想やら何やら、あるいは、永遠に敗北者な日常と思考
No.
2018/12/18 (Tue) 04:20:50

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.182
2010/01/02 (Sat) 06:42:49

鬼灰買いの佐平治 数えで十七、水の衣を織り成して千歳の綾を解きほぐす (講談社BOX)鬼灰買いの佐平治 数えで十七、水の衣を織り成して千歳の綾を解きほぐす (講談社BOX)
一橋 真

講談社 2009-07-01
売り上げランキング : 385519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■小仙波貴幸氏の『鬼灰買いの佐平治 数えで十七、水の衣を織り成して千歳の綾を解きほぐす』を読了。装丁で並々ならぬインパクトを受けたのは、清涼院流水氏の『秘密屋 赤』『秘密屋 白』以来かも(タイトルのインパクトもすごいけど)。挿絵がすべてフルカラー、フォントや段組み、ページ余白のレイアウト、装丁が凝りに凝っている。これまで、高過ぎると思っていた講談社BOXだけれど、本作に関しては、もう少し高くても良かったのでは、と思ったくらい。小仙波貴幸氏と一橋真氏のコンビは、西尾維新氏と竹氏を彷彿とさせるものがある。
 小仙波氏は、『パンドラ』でのデビュー作からして、新人らしかぬ文章力、情報や知識の豊富さに驚いた。読み切り短編と同様、舞台が江戸時代かと思われるような文体で物語は始まる。どうもとっつきにくいな、と思ったころに、現代を舞台としていることが解るのだ。ただ、シリーズ短編を先に読んでいるので、2回目の驚きはない。
 鬼灰買いの佐平治、悪鬼改方の長谷川鉄虎、それぞれの物語が交互に語られ、次第にひとつに収束する。鶴の恩返し再び、みたいな。女子高生、野々村小箱は、佐平治こと山本胎児に振り回されただけ、という感じも。登場人物が個々に動くので、物語の中心が解りにくい。あるいは、1作目ということで、レギュラメンバの紹介を兼ねているのかもしれない。ただ、この終わり方だと、本作ではヒロインと思われる、野々村小箱が次作以降に登場するかは怪しい。
PR
[189]  [187]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
キタヤマ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ミズサワ
性別:
男性
職業:
求職中
自己紹介:
初めまして。ミズサワです。あの「失われた」90年代に、10代の総てを消費しました。

ミジンコライフ継続中。

ミズサワの3分1は「さだまさし氏の曲」で、3分の1は「御嶽山百草丸」で、残りの3分の1は「××××」で構成されています。

小説・コミック・アニメ・ゲーム・等、媒体に拘わらず、あらゆる物語を好みます。付き合いが長いのは「新本格」作品。卒業論文も「新本格」。論理性よりも、意外性を重視。

「すべての小説が館ミステリになればいい」

ブログ日記のコンテンツ
数日遅れで更新しています

・日記のようなもの、あるいいエッセイ、もしくは思い込み。
・毎月末日 現時点での今年読んだミステリベスト
・偶数月同日日 現時点での視聴番組リスト

メールやコメント等の返信は、著しく遅くなることがあります。

リンクはご自由にどうぞ
(=´ー`)ノ ヨロシク

mixi 小説 
最新記事
(09/12)
(09/10)
(09/09)
(09/08)
(09/07)
(09/06)
(09/05)
(09/04)
(09/03)
(09/02)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/29)
(08/27)
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]