忍者ブログ
AdminWriteComment
小説・アニメ・コミック・ゲーム等、様々な創作媒体についての感想やら何やら、あるいは、永遠に敗北者な日常と思考
No.
2018/11/16 (Fri) 22:58:03

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.293
2010/02/28 (Sun) 05:04:04

今だけは とめどなく流れる
弱さの印 その熱だけを感じてたいのに
(We Survive/KOTOKO)

現時点での今年読んだミステリベスト 積読本23冊

 先月に引き続き、ベスト入りの作品はなし。今月の読了本は5冊。そのうち、2冊が「流星」で、1冊が『流星』。流水氏が新刊を出していれば、「流」の4カードだったのに。念のため記しておくと、至道流星氏の著作2冊と、『流星の絆』のことである。2月、3月、4月は、『神と世界と絶望人間』『羽月莉音の帝国』が続けて刊行されていて、月刊至道流星という感じ。至道氏なら、大河ノベルも充分にこなせると思うけれど、仮にそうなってしまったら、やはり毎月購入してしまうのだろうなあ。『神と世界と絶望人間 03-08 ~雷撃☆SSガール2~』の表紙が、大阪弁を操る天才少女、リザ・ブランフォートだったので、上巻の感想が台無しに。とはいえ、『羽月莉音の帝国』に較べれば、大人しい表紙である。妙な感じがしたのは、上巻のときより、多少年齢が上がったからか。
 後者は、図書館に注文して、順番が来るまでに1年以上が掛かった。現在予約中の本では、『椿姫以前』と『素晴らしき、この人生』が、もう少しで1年になる。図書館で本を取り寄せることを、予約というのかリクエストというのか注文というのか、気になったので調べてみたところ、以下のような説明がされていた。
 「一般的に図書館では、所蔵しているが貸出中や他に待っている方がいるなどですぐに提供できない場合に返却・順番を待って提供することを『リザーブ』、所蔵していない資料を購入して提供することを『リクエスト』、×阪市立以外の他の図書館から取り寄せて提供することを『相互貸借』と呼んでいますが、×阪市立図書館ではいずれの場合も『予約サービス』としてご提供しています」
 ということならば、僕が予約と呼んでいる取り寄せは、「リザーブ」というらしい。しかし、「僕は今、図書館に『のだめ』をリザーブしている」と言っても、意味が通じる人は少ないような気がする。×阪図書館の例に倣い、「リザーブ」も「リクエスト」も「相互貸借」も、すべて纏めて、「予約」と呼ぼうと思う。図書館課程では、習わなかった用語だけれど。(×阪市に較べ)蔵書の少ない×都の図書館では、相互貸借が度々あった。

 現時点での積メフィストは、「2008年1月号」「2008年5月号」「2008年9月号」「2009年1月号」「2009 VOL.1」「2009 VOL.2」「2009 VOL.3」。「2008年1月号」を、半分くらいまでは読了済み。4月6日の次号発売までに、残りの『メフィスト』をすべて読み終えるのは厳しいけれど、まあ、のんびりゆっくりと着実に読んでいく方向で。

 島田荘司氏の『島田荘司のミステリー教室』が刊行されて3年が経つ。この本は役に立つ内容が多く、何度も繰り返し読んでいる。書き下ろしを加えて、講談社か角川書店辺りが文庫化してくれないものだろうか。
 YA!ENTERTAINMENT版の『水車館の殺人』の表紙画像を見たのだけれど、誰だお前は、と思ってしまった。同じ話でも、最初に読んだのが、ノベルスか文庫か児童書かで、作品に対するイメージは、随分と変わってしまいそうだなあ。僕が新本格を読み始めたころは、辰巳四郎氏が装丁を一挙に手掛けていた訳だから、思えば幸福な時代に読み始めたものだ。今月の講談社ノベルスは表紙がすべてアニメだよ、という月は、もはや珍しくない。

 以下に気になるコミックを。
 今月末に、『真月譚 月姫』の7巻がようやく発売。2年振りの新刊である。6巻発売時に、1巻から纏めて購入した僕にとって、2年の待ちはきつかった。果たして次は何年後かと思ったけれど、3月に8巻、夏に9巻が発売予定とのこと。なんだこの連続刊行は。『月姫』のリメイク版の制作が近いのかね。原作の同人ソフトは持っていないし、もう手に入らないので、リメイク版は購入予定。
 同じく今月末発売の『絶園のテンペスト』にて、久し振りに城平京氏の名前を目にした。『スパイラル』や『十字界』が終わって久しいので、懐かしいとともに楽しみである。知っているのはタイトルだけで、どのような話なのか、誰が絵描きをやっているのかはまったく知らないけれど、原作者クレジットだけで購入を決めた。
 『未来日記』10巻と『未来日記パラドックス』は3月発売。『天元突破グレンラガン』の5巻も同様。角川書店は、書籍扱いのコミックが多い。2月3月は、楽しみにしていたコミックの発売が続くので嬉しい限り。ちなみに、『真月譚 月姫』を1巻から最新刊までごそっと買ったのと同じ時期に、『未来日記』も1巻から最新刊までをごそっと購入している。そのころ僕はオオアリクイの書店で働いていたけれど、今となっては過去のことである(1.5割という割引額が)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[297]  [296]  [295]  [294]  [358]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [287
キタヤマ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ミズサワ
性別:
男性
職業:
求職中
自己紹介:
初めまして。ミズサワです。あの「失われた」90年代に、10代の総てを消費しました。

ミジンコライフ継続中。

ミズサワの3分1は「さだまさし氏の曲」で、3分の1は「御嶽山百草丸」で、残りの3分の1は「××××」で構成されています。

小説・コミック・アニメ・ゲーム・等、媒体に拘わらず、あらゆる物語を好みます。付き合いが長いのは「新本格」作品。卒業論文も「新本格」。論理性よりも、意外性を重視。

「すべての小説が館ミステリになればいい」

ブログ日記のコンテンツ
数日遅れで更新しています

・日記のようなもの、あるいいエッセイ、もしくは思い込み。
・毎月末日 現時点での今年読んだミステリベスト
・偶数月同日日 現時点での視聴番組リスト

メールやコメント等の返信は、著しく遅くなることがあります。

リンクはご自由にどうぞ
(=´ー`)ノ ヨロシク

mixi 小説 
最新記事
(09/12)
(09/10)
(09/09)
(09/08)
(09/07)
(09/06)
(09/05)
(09/04)
(09/03)
(09/02)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/29)
(08/27)
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]